脂肪線がかゆいのを抑えるなら根本の原因の解消が必要

 

脂肪線がある付近がかゆいなんてことはありませんか?

 

全ての人ではありませんが、脂肪線ができると肌が炎症をしてしまい、かゆみに悩まされることは多いです。
妊婦の妊娠線と同じ症状なのですが、できる前兆とも言われていたりもします。

 

脂肪線がかゆいからとかきむしって刺激を与えると、赤い線や白い線が増えてしまうこともあるのですね。

 

この脂肪線がかゆい原因は肌が炎症をしているからですが、自然と収まるのを期待しすぎるのは良くありません。
炎症が治まっても肌が乾燥をしたままでは、また繰り返しかゆみに悩まされることもあります。

 

脂肪線がかゆいのを抑えるなら根本的な部分の解消が必要となるのですね。

 

脂肪線のかゆみの原因は乾燥による炎症

 

かゆみの原因となっているのは、そもそも脂肪線ができた原因とも関係をしています。

 

太ることで内側の皮膚が断裂をしたので、その切れ目が炎症をして赤く見えるのが脂肪線です。(時間がたてば治まって白くなる)

 

この断裂をしやすくする条件が肌が乾燥をして弾力が失われている状態であることです。

 

しかし、肌が乾燥をしているとバリア機能である、刺激から皮膚を守る働きが損なわれてしまっています。
そのため、衣服のこすれや雑菌などで肌に与えられた刺激で炎症をしてしまい、かゆみを引き起こす原因となります。

 

脂肪線ができる乾燥した状態で、できたから炎症をしてかゆいのですね。

 

まずは原因を解消する為に炎症と乾燥の両方を解消する

 

脂肪線がかゆいのであれば、炎症と乾燥のどちらも解消することが必要です。

 

炎症さえ収まればだんだんとかゆみは引いてきます。
しかし、乾燥をしたままだと、バリア機能が低下をしたことで、また繰り返すことにもなりかねません。

 

そのため、原因を解消する為には両方とも改善をしなければならないのですね。

 

脂肪線のかゆみを抑えるケアの仕方

 

脂肪線のかゆみを抑えるのであれば、保湿ケアをするようにしましょう。

 

保湿をしてバリア機能を高めることで、肌への刺激を抑え炎症をするのを防ぐことが必要です。
薬局やドラッグストアで市販の保湿クリームでも良いですが、できるだけ肌に優しい成分で作られたのをおすすめします。

 

また、お風呂場でからだを洗う時に使う石鹸は、ベビー石鹸のような刺激に少ないのを利用した方が良いです。

 

クリームも石鹸も肌をケアするものですが、刺激となる成分も含まれているので、人によっては荒れてしまったりもすることがあります。
できるだけ脂肪線がかゆいような状態であれば、できるだけ刺激となる成分が少ないのを利用するのがおすすめです。

 

脂肪線のかゆみだけでなく消したいなら肉割れクリームのアフターケア用

 

あなたが脂肪線のかゆみを抑えるだけではなく、消したいのであれば保湿クリームではなく、それ目的のを使うようにしましょう。

 

肉割れクリームのアフターケア用として販売されています。
アフターケアのクリームはコラーゲン繊維へアプローチする成分などが含まれていることが多いですが、それだけでは当然ありません。

 

肌を整える為に保湿成分も配合されていますし、肉割れの症状ができた人に合わせたクリームです。

 

脂肪線のかゆみだけを抑えたいのであれば、とにかく保湿ケアを早急にして刺激を与えないことが必要です。
ただ、どうせなら消したいと思うのであれば、肉割れクリームのアフターケア用のを使ってケアをしていくようにしましょう。